アジア3Rニュース(アーカイブ)

第3回 アジア3R推進市民フォーラム日本大会(9/3)

 近年のアジアにおける急激な経済成長に伴う「大量生産・大量消費・大量廃棄」型の生活様式によって、アジアの市民はともに廃棄物をめぐる問題に直面しています。

 アジアにおける持続可能な循環型社会構築には、「リデュース」(発生抑制)、「リユース」(再使用)、「リサイクル」(再利用)という3Rの優先順位と拡大生産者責任の徹底に基づいた環境的、社会的公平性に配慮した政策を実施し、市民・政府・企業が、各々の役割をしっかりと果たすことが重要です。

 そこで、こうした現状に対し、日本とアジア域内の市民と共に、くらしや地域での3R実践の重要性を共有し、政府や企業とも協働しながら持続可能な循環型社会を構築するための市民の知恵と意見を集約することを目的に第3回「アジア3R推進市民フォーラム日本大会」を開催いたします。今年は、「連携・協働の成果」をサブテーマに議論をいたします。たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

 なお、このフォーラムでの議論を踏まえて作成された宣言文は、代表者が2011年10月5日~7日にシンガポールにて開催されるアジア3R推進フォーラムに届ける予定です。

【日時】 2011年9月3日(木)13:00~16:30

【会場】 弘済会館 4階 会議室「蘭」
      東京都千代田区麹町5-1(四谷駅徒歩5分)

【プログラム】

13:00  開 会 
         挨拶 藤井絢子(アジア3R推進市民ネットワーク 代表)

13:05  来賓挨拶&メッセージ紹介
         来賓挨拶   依頼中
         メッセージ シンガポール環境評議会から

13:15  講演「アジアにおける廃棄物処理・3Rの最新動向」(課題)
         講師 小島道一さん(アジア経済研究所)

14:00  総合討論  テーマ 「ゼロ・ウェイスト実現への道~連携・協働の成果~」
       コーディネイター 崎田裕子(持続可能な社会をつくる元気ネット 理事長)

       事例報告1「上勝町ゼロ・ウェイストへの挑戦
                    ~市民との連携・協働の仕掛け」(仮題)
         発表者 松岡夏子さん
        (上勝ゼロ・ウェイストアカデミー理事・葉山町ごみ減量担当臨時職員)

        事例報告2 「シンガポール事前調査報告」
         発表者  青木・足立・朴(調整)

       3分間スピーチ 「サブテーマにそって」 ネットワーク参加団体

15:45  まとめ 宣言文作成

16:30  閉 会

【資料代】無料

【問合せ・申込み】 アジア3R推進市民ネットワーク

お名前(ふりがな)/ご所属/所属先住所又は自宅住所/電話(携帯可)/FAX/Emailをご記入の上、FAX もしくはPCメールで事務局へお申し込みください。

FAX:03-5326-8794 E-mail:info@asia3r.net

〆切日 8 月31 日(水)(資料の準備がありますのでなるべく早めにお願いいたします)

【主催】アジア3R推進市民ネットワーク NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット

アジアにおける3R推進とパートナーシップ~国際社会の動向と市民の役割

報告記事

アジアにおける3R推進とパートナーシップ~【報告会】国際社会の動向と市民の役割(12/2)

 近年アジア各国でも、急激な経済成長によって「大量生産・大量消費・大量廃棄」型の生活様式が主流となり、地球規模の天然資源の枯渇や地球温暖化の進行に拍車をかけています。また、廃棄物最終処分場の適正管理や逼迫、不適切な廃棄物の中間処理やリサイクルに伴った健康被害などの課題に、アジアの市民は共に直面しています。

 昨年秋、アジア各国における3Rの推進による循環型社会の構築に向けて、アジア各国政府、国際機関、援助機関、民間セクター、研究機関、NGO等幅広い関係者の協力の基盤として「アジア3R推進フォーラム」が設立されました。

 今年10月、同フォーラム第2回会合がマレーシアで開催され、日本のNGOの4名がオブザーバー参加し、サイドイベントとしてNGOフォーラムを開催しました。

 限りある地球の資源の長期的で公平な利用、低炭素でグリーンな社会経済の構築のために、国際社会はいかに3Rを推進していくべきなのか、また市民の役割、パートナーシップはどうあるべきなのか、この報告会を通して、皆さんとともに考えてみたいと思います。

【日時】 2010年12月2日(木)18:30~20:30

【会場】 環境パートナーシップオフィス会議室(東京・青山)

【プログラム】

1)3Rイニシアティブとアジア3R推進フォーラム

大森 恵子 氏(環境省循環型社会推進室長)

2)NGOの目で見たマレーシア会合

藤井 絢子 氏(アジア3R推進市民ネットワーク、菜の花プロジェクトネットワーク)、崎田 裕子 氏(持続可能な社会をつくる元気ネット)

3)NGOフォーラム報告

瀬口 亮子 氏(FoE Japan)

4)質疑、ディスカッション

【資料代】無料

【問合せ】 FoE Japan 廃棄物・3R政策担当

TEL:03-6907-7217/E-mail:tsukaisutezero@foejapan.org

【主催】アジア3R推進市民ネットワーク、FoE Japan、持続可能な社会をつくる元気ネット、菜の花プロジェクトネットワーク

【協力】環境省

ゼロ・ウェイストのアジアをめざして~アジア3R推進市民フォーラム日本大会が開催されました

 2010年9月4日、日本とアジア域内の市民と共に、くらしや地域での3R実践の重要性を共有し、政府や企業とも協働しながら持続可能な循環型社会を構築するための市民の知恵と意見を集約することを目的に「アジア3R推進市民フォーラム日本大会」が東京で開催されました。

 日本大会での議論を踏まえて作成された宣言文は、代表が2010年10月4日~6日にマレーシア・クアラルンプールで開催されたアジア3R推進フォーラムに届けました。

→9月4日の概要はこちら

→宣言文はこちら

宣言文(ステートメント案)の討議の様子 藤井絢子 実行委員長による開会挨拶の様子 韓国資源循環社会連帯 キムさんからのメッセージ紹介