NPO法人 循環生活研究所

特徴

堆肥化普及の専門団体。人材養成・支援システムの管理・運営。

代表者

波多野信子

所在地連絡先

〒811-0201 福岡市東区三苫4-4-27
TEL:092-405-5217
FAX:092-405-5951
E-mail:jsk@jun-namaken.com

組織

 

目的・主な活動

暮らしに必要なものを地域内で循環させることで享受できる楽しく安全で創造的な生活を循環生活と定義し、その実現のためのノウハウの普及啓発を行うことを目的とする。

活動事例紹介

■普及・啓発事業
堆肥化講習会、菜園講座(年400回 対象:一般、小学生、幼児対象) 海外:ネパール

■人材養成・支援活動
・ダンボールコンポストアドバイザー養成(トレーナー8名、初級105名認定)
・ダンボールコンポストアドバイザー支援事業 10都市(トレーナー8名、初級105名登録)
・市町村職員研修、JICA研修、公民館主事研修、環境コミュニティビジネス講座 など

■地産型堆肥化事業
海藻アオサの堆肥化事業、雑草の堆肥化事業,落ち葉の堆肥化事業

■まちづくりプロジェクト
年間4カ所支援、フリーマーケットの開催(年2回)

■スローフード事業
①海藻あおさをカリントウ「博多発6丁目のあおさぼう」製造・販売
②菜園ネットワーク:イベント会場等で堆肥を使った野菜販売
③赤坂スローフードカフェ(小学生による堆肥野菜によるカフェイベント)開催
④スプリングレストラン(H17・18年度CB事業立ち上げ)の独立支援、連携

■環境教育研究会

■教材の製作 大人向け冊子、子ども向けハンドブック、リーダー用ハンドブック、フリマ開催冊子

■イベントの開催 ダンボールコンポストまちづくりフォーラム(毎年)、リターナブルびんワークショップ

■国際支援事業 国連ハビタットアジア都市連携による環境技術専門家会議,環境省アジア3R会議(2009)

アジアとの連携に期待すること

 

英文の紹介ページへ