アジア3R推進市民フォーラム2011 in シンガポール

ゼロ・ウェイストに向けた市民のパートナーシップ

 2011年10月5~7日にシンガポールで開催されたアジア3R推進フォーラム第3回会合のサイドイベントとして、NGOフォーラム「アジア3R推進市民フォーラム2011~ゼロ・ウエイストに向けた市民のパートナーシップ」が開催された。その概要は以下のとおりである。

→ フォーラムの紹介記事はこちら

開催概要

【日時】2011年10月6日(木)9:00~13:00

【会場】Turquoise/Onyx Room. Sheraton Towers (シンガポール)

【主催】シンガポール環境評議会(Singapore Environmental Council:SEC)

アジア3R推進市民ネットワーク

【共同議長】Mr. Jose Raymond, Executive Director, SEC

  藤井絢子(アジア3R推進市民ネットワーク代表)

【参加団体・出席者】シンガポール6団体8名、日本7団体8名

◇シンガポールのNGO 6団体

Singapore Emvironmental Council

Mr. Jose Raymond, Executive Director, Mr. Lee Peng Hon, Deputy Director

Mr. Helmy Sarpan

Conservation International

Mr. Michael Totten, Senior Advisor

ECO (Environment Challenge Organization)

Mr. Maxime Richer, Manager of School Outreach

Ave Life

Mr.Tan Zhong Yi, Head of Operations

Hemispheres Foundation

Ms. Ann Phua, President/Founder

Waterways Watch

Mr.Eugene Heng, Chairperson

◇日本のNGO 7団体

アジア3R推進市民ネットワーク

菜の花プロジェクトネットワーク 藤井 絢子(代表)

持続可能な社会をつくる元気ネット 崎田 裕子(理事長)

FoE Japan 瀬口 亮子(理事)

アジアごみ問題研究会 辻 芳徳(代表)、渡辺 光子

富士山クラブ 青木 直子(事務局長)

中部リサイクル運動市民の会 永田 秀和 (代表理事)、浅井 直樹 (理事)

プログラム

○オープニング

1)歓迎挨拶  Mr. Jose Raymond : Co-chair, SEC

2)アジア3R市民フォーラムの背景、これまでの内容

    藤井絢子 (共同議長)

3)参加団体・参加者紹介

○各国からの報告

(廃棄物・3R政策、管理システム、現状と課題について)

1)シンガポール: Ms. Yang Hong, (シンガポール環境庁)

2)日本:崎田裕子(アジア3R推進市民ネットワーク)

3)質疑応答

○NGOからの活動報告

1)Conservation International Mr. Michel P Totten(シンガポール)

2)Environmental Challenge Organization Mr. Maxime Richer(シンガポール)

3)富士山クラブ         青木直子 (日本)

4)中部リサイクル運動市民の会  永田秀和(日本)

5)FoE Japan           瀬口亮子 (日本)

6)アジアごみ問題研究会     辻芳徳、渡辺光子(日本)

○コーヒーブレイク

○ディスカッション

「大量生産、大量消費、大量リサイクルを超えて」

進行:Mr. Lee Peng Hon, SEC

○まとめ

資料一覧

資料1:アジア3R推進市民フォーラム2011プログラム(英文)

資料2:アジア3R推進市民フォーラム2011日本大会ステートメント(英文)

資料3:シンガポール会合発表資料(アジア3R市民フォーラムの背景)(英文)

資料4:シンガポール会合発表資料5(シンガポール環境庁)(英文)

資料5:シンガポール会合発表資料6(日本の廃棄物3R政策)(英文)

資料6:シンガポール会合発表資料7(富士山クラブ)(英文)

資料7:シンガポール会合発表資料7(中部リサイクル運動市民の会)(英文)

資料8:シンガポール会合発表資料8(FoE Japan)(英文)

資料9:シンガポール会合発表資料9(アジアごみ問題研究会)(英文)

報告の詳細はこちら  

アジア3R推進市民フォーラム2011